会社でオナニーしてたら・・・

女性もえっちな妄想をしてもいいんです。

学校/会社のお部屋

会社でオナニーしてたら・・・
2021年07月08日 10時44分
DUGA

私は26歳の会社員。大学をストレートに卒業し、家のすぐ近くにある建築設計会社で就職した。
入社5年目である。全社員で15名という、こじんまりとした会社だが、男性社員が3名、
女性社員が12名という、とても環境のいい所である。
しかも、女性社員は「顔で面接してる」と社長が豪語するだけあって、皆、別嬪ばかりだ。
特に理恵とあかねはアイドル顔負けの顔とスタイルを誇っている。
理恵は18歳の新入社員。どちらかというと無口で、大和撫子タイプ。
私は理恵に想いを寄せている。 あかねは、23歳のベテラン(?)。
入社して6年目ということもあり、よく喋り、女性社員の華という感じだ。
5月10日のことだ。その日は、締切2日前ということで、いつものごとく残業をしていた。
私以外の男性社員は出張中、女性社員達は、飲み会があるとかで全員帰ってしまい、
会社に残っているのは私一人だった。
0時をまわり、仕事に煮詰まってきた私は、「ちょっと休憩しよう」と思い、
会社のコンピュータからインターネットに接続し、エロサイトを見ることにした。
私はいつも、ズボンとパンツを完全に脱ぎ去り、ティッシュを手元に置き、
オナニーの準備を完璧にしてからエロサイトを見ることにしている。
その日もいつも通り、一通りの準備をし、ち○ぽを揉み下しながらエロサイトを見ていた。
女子高生もろのサイトを発見し、かわいい子のおま○こに興奮した私は、ち○ぽをしごき、
何度もイキそうになるのをこらえ、我慢しながら次々とおま○こ画像を見ていった。
我慢に我慢を重ねたせいか、ち○ぽは真っ赤になっており、
いつ爆発してもおかしくない状況になっていた。
「そろそろイクか。」と思い、右手のスピードを上げた、ちょうどそのときである。
「やっほ~!」という大きな声が静かな仕事部屋に響き渡った。
はっと入口をみると、そこにはあかねが立っていた。 私は慌てた。
「なんだよ、こんな時間に!」「お仕事頑張ってる~?差し入れを持ってきたんだよ~ん。」
あかねは酔っぱらっているようだ。ふらふらとこっちの方に歩いてくる。
私の下半身は机の影になっているので、この醜態にはまだ気づいていないようだ。
私の頭の中は超高速回転になった。 どうしたら、どうしたらいいんだ。
ズボンとパンツは机の上に無造作に置かれている。
あかねに気づかれず履くのは無理だ。とりあえず机の下に隠れるか?
でもあかねは、どんどんこっちに近づいてくる。無理だ。いづれ気づかれてしまう。答えが出ない。

あかねはどんどん近づいてくる。そしてもう手が届く位のところまで来た。
(えい。どうにでもなれ。)私は立ちあがった。
あかねは立ち止まった。視線は私のち○ぽに釘付けになっている。
まだ、何が起きているのか分かっていない様だ。
私は何といっていいか分からず、「どう?」などと言ってしまった。すると、
「・・・おおきい・・・」 「彼氏のより大きいか?」 「・・・彼氏・・・いない・・・」
「まさか、初めて見るんじゃねぇよなぁ。」 「・・・大きくなってるの・・・初めて見る・・・」
その間も、視線はずっと私のち○ぽに集中している。
「え?ほんとか?」 「・・・・・・」 「もしかして、まだ経験ないのか?」 「・・・うん・・・」
こんなに貞淑そうなあかねを見るのは初めてであった。 あかねはアイドル顔で、すごくかわいい。
しかもとても明るく、彼氏の一人や二人、絶対にいると思い込んでいた。
そのため、勃起したち○ぽを初めて見る、というその言葉に、私はとてもびっくりした。
私のち○ぽは「びんびん」で、今にも爆発しそうになっている。
私はあかねの方へ一歩踏み出した。
するとあかねはようやく視線を私の顔の方へ向け、一歩後ずさりした。
ようやくこの状況が分かったようだ。 私はこの状況を楽しむことにした。
「・・・何・・・?」 「いやいや、何もしないよ。それより、よく見てみないか?」
「・・・・・・」 私はもう一歩踏み出した。今度はあかねは動かない。私は「しめた」と思った。
「ほら、よく見てごらんよ。」 私は優しくそう言うと、
私はあかねの真ん前まで行き、あかねの目を覗き込んだ。
あかねは私から顔をそらし、「ぷいっ」と横を向いた。
「ほら。」 私はあかねの右手をとった。びくっとしたが、逃げる気配はない。
私はその手をち○ぽに持って行った。 相変わらず顔は横を向いているが、嫌がっている様子もない。
「ちょっとしゃがんでごらん。」 私はそう言うと、あかねの両肩に手をかけ、軽く力を入れた。
すると、あかねは従順にしゃがみこんだ。 あかねの右手が私のち○ぽから離れた。
「ほら、みてごらん。」 今度はあかねの両頬に手をあて、私のち○ぽの正面に顔を向けさせた。
あかねも度胸を決めたのか、今度はち○ぽを凝視しはじめた。
「ほら、大きいでしょう。」 「うん」 「これがサオ。これが たまたま だよ。」
「うん」 「ほら、触ってごらん。」 私はまた、あかねの右手をとり、私のち○ぽに持って行った。

「どう?」 「・・・熱いね・・・」 「そう?そうかもねぇ。」 「それに・・・赤くなってる・・・」
「そう、これが本当の赤チン」 私が一発おやじギャグを言うと、あかねはくすくすっと笑った。
ようやくあかねもこの異様な雰囲気の中、落ち着いてきた様子だ。
「すごい血管が・・・浮き出てる・・・」 「そうそう。よく見ると結構気持ち悪いよなぁ。」
「・・・うん・・・でも、そうでもない」 「そうか?」 私は笑った。あかねも笑った。
これはいける!私はそう確信した・・・もちろん半分以上は願望だけど。
「俺さぁ、ほんとはあかねのことが好きだったんだ。
仕事中もずっと、あかねのこと、見てたんだ。気づかなかった?」
「ほんとに・・・?」 「だって、めちゃめちゃかわいいんだもん、あかねは。」
「Sくん(私のこと)、理恵のことが好きなんじゃないの?」
「理恵も確かにかわいいけど・・・。でも俺は明るい子の方が好き。理恵より断然、あかねだよ。」
私はドキッとした。あかねの言うとおりなのだ。理恵こそ、私の理想の彼女なのだから・・・。
「・・・・・・」 あかねは黙ってしまった。
「どうしたの?」 「…私もSくんのことが…ずっと好きだったの…Sくんが入社してきてからずっと…」
「そっか…」 私は驚いた。そんなそぶりは今までに見たことはなかった。
あかねは、少し目に涙を浮かべている。
「ねぇSくん、これ(ち○ぽのこと)、どうしたら気持ちいいの?」 「気持ちよくしてくれるの?」
「…うん…」 「じゃぁ、ちょっとパクッとしてみてくれる?」
「うん」 あかねは、ちょっとためらったが、意を決した様に、わたしのち○ぽの先っぽをくわえた。
「もうちょっと奥まで…」 「うん」 「歯が当らない様にね。それで唇でキュッキュッってしごいてみて」
あかねは、言われた通り、一生懸命やっている。
「そうそう…気持ちいいよ。あとは、舌べろでサオを絡めてみて。左手はたまたまを揉んで。」
あかねにとっては初めてのフェラチオ。とてもぎこちないが、そのかわいい顔が一生懸命にやっている。
私はそのシチュエーションに、あっという間にイキそうになった。
「うぅ、イキそうだよ。こぼさないように、全部飲むんだよ。うぅっ」
私はイッてしまった。あかねは飛び出した精液に多少びっくりした様だが、
こぼさないように気をつけながら、まだ舌をからめながらしごいている。
私はあかねの頭をなでて、 「ありがとう。もういいよ。気持ちよかったよ。」
あかねは、くちびるをすぼめながら口からち○ぽを抜き、ゴクッと精液を飲みこんだ。
その顔がとてもいやらしく感じた・・・。

「すっごく気持ちよかったよ。ありがとう。」 「ほんとう?よかった…」
私は照れ笑いをした。あかねも にこっ と笑った。
さて、どうしたものか。この場をどう収めたらいいのだろうか。
「さてと、今度はあかねの番だね。」 「え?」
「いや、俺ばっかり気持ちよくしてもらっちゃって…。今度はあかねを気持ちよくしてあげるね。」
「…また今度で…いいよ…」 「なんで?もう照れることないよ。」 「…でも…準備が…」
「準備?なんの?」 「だって…下着も普通のだし…」 私は笑った。
「あははは。普通の下着で何が悪いの?ドラマの見過ぎだよ。あははは」
「えぇ~そんなぁ~」 あかねも笑った。
「ここじゃぁナンだし…社長室に行こう。」 「…うん…」
私は、まだしゃがんでるあかねの両腕をとり、あかねを立ちあがらせ、社長室へと促した。
社長室には、社長用の大きなデスクが一つと、接客用のロングソファーが、二つある。
私はあかねを、そのロングソファーの片方に促した。
「さて、と」 「わたし…」 「ん?」 「ちょっとこわい…」
「わかってるって。優しくしてあげるから、ね。」 「でも…」
さて、どうしたものか。はじめての女の子というのは、とてもやりにくい。
S○Xというものに対して、心を閉ざしているからだ。 でも私は開き直った。
今、隣の部屋でフェラをした女なのだ。しかも、突然のあの状況で。 何をしてもきっと平気だろう、と。
「じゃ、お医者さんごっこみたいに、してみる?」
「うん、そうする…」 あかねは、ちょっと安心した様だ。
私は、社長用の大きな椅子をあかねの座っているソファーの前に引っ張っていき、そこに腰掛けた。
「さてと、診察を始めます。えーっと、寺○あかねさんですね?」 「はい」
「今日はどうしましたか?」 「えーっと…」 「おなかが痛い…ですか?」 「はい…」
「じゃぁ、とりあえず心音を聞いてみましょう。」 「はい…」
「はい、ブラウスを脱いでください。」 「はい…」 あかねは、もじもじとしている。
「どうしましたか?」 「ちょっと恥ずかしい…」 「恥ずかしがっていては診察をできませんよ。」
「はい…」 あかねは、意を決した様に、ブラウスのボタンをはずし始めた。
そして、一番下のボタンをはずすと、スカートの中に入っていた部分をスカートから抜いた。
「では、聞いてみますね。」 私はそういうと、ブラウスの前の部分を開いた。
そこには、真っ白な肌と、フリルのついたフロントホックの黄色いブラジャーがあった。

私は、聴診器を当てるまねをしながら、「ふむふむ。よく聞こえませんねぇ。
このブラウス、脱いじゃいましょう。それから、この下着もとっちゃいましょうか。」
「はい…」あかねはブラウスを脱いだ。それから、ちょっとためらっていたが、
私の「ほら」という声に励まされ、ブラジャーのホックに指をかけ、「パチッ」とはずした。
中からは、ちょっと小ぶりの、でも形のいいおっぱいが顔を出した。
「では、もう一度聞いてみましょう。」 私はそう言うと、聴診器を当てるまねをした。
そして、当ててる方の指で、あかねの乳首をそっとつまんでみた。
「うんっ」 「どうしましたか?」 「…ちょっと気持ちいい…」
「診察中ですよ。ちょっと我慢してくださいね。」 「はい…」
私は調子に乗り、あかねの乳首をつまんだり、さすったり、つんつんと突いてみたりした。
あかねは目を閉じて、頬を赤く染めながらもじっとしている。
「どこが悪いかちょっとわかりませんねぇ。心音には異常はないようです。」
あかねは目を開け、「はい」といった。
「今度は、おなかを見てみましょう。うーん、スカートが邪魔ですねぇ。これも脱ぎましょうか。」
「はい…」 あかねは座りながらスカートのホックをはずし、ジッパーを下ろしスカートを下にずらした。
今度は、ブラジャーとお揃い(?)の黄色いショーツが顔を出した。
「はい、じゃぁここに横になってください。」 「はい」
あかねはショーツ一枚の格好でロングソファーに横になった。
腕を組んで、おっぱいを隠している。 私はあかねの下腹部を両手でさすり始めた。
「痛かったら痛いといってくださいね。」 「はい」 またもあかねは目を閉じ、じっとして動かない。
私は手を、だんだんと下のほうにずらしていき、 ショーツの上からあかねの秘部をさすった。
私はあかねの秘部をさすりながら、 「うーん、ここがちょっと…。ちょっとよくみせてくださいね。」
といい、あかねの股を広げた。 こころなしか、ショーツの中央が湿っている。
私はその部分を指先でくるくるとなじった。
「うーーーん」 「どうしましたか?痛いですか?」 痛いわけはない。
軽くなじっているのだ。しかし、私は医者。患者の治療をしているのである。
「いえ」 「そうですか。」 私はなじり続けた。すると明らかにその部分が濡れてきているのが分かった。
ショーツに楕円型にしみがついてきているのだ。 あかねはまだ、目を閉じてじっとしている。
「どうやら、ここが悪いようですねぇ。このショーツも取ってしまいましょう。」
私はそう言うと、開いている股を一旦閉じ、ショーツを一気に取り去った。
するとあかねは、ぎゅっと股に力を入れて閉じてしまった。

「あかねさん、閉じてしまったら診察できませんよ。いいんですか?」 「…」
「これじゃぁ診察出来ませんねぇ。困りましたねぇ。診察、やめましょうか?」
「…いえ…お願いします。」 「じゃぁ、股を開いてください。」 「はい…」
あかねは、ゆっくりとその閉じていた股を開いた。
「じゃぁ、診察を再開します。」 私はあかねの秘部に顔を近づけ、じっくりとそこを鑑賞した。
陰毛は薄めで、あそこは丸見えである。 ピンク色のきれいなおま○こだ。とても23歳とは思えない。
クリトリスの包皮は割と薄く、そこからクリトリスの下半分が顔を出していた。
割れ目はじっとりと濡れていて、白濁した愛液が流れ出ていた。
私は自分の中指をちょっとなめ、その指を割れ目にそって上下に這わせた。
「あ…ん…気持ちいい…」 あかねも気持ちいいらしい。息遣いもだんだんと荒くなってきた。  
「気持ちいいですか。じゃぁ、ちょっと中を見てみますね。」
私はそういうと、割れ目のひだひだを指で開き、膣内の鑑賞を始めた。そこには処女膜があった。
処女とS○Xをしたことはあるが、これを生で見たのは生まれて初めてだ。
「うーん、ここに膜がはってますねぇ。これが原因かもしれませんねぇ。
オナニーで破れなかったんですねぇ。」 「そんなこと、したことないです…」
「嘘はいけませんよ。」 「本当です…。本当にしたことない…。」
今時、オナニーもしたことがない女がいたとは…。私は驚いた。
あかねはさっきまで腕組をしておっぱいを隠していたのに、今は両手で顔を隠している。
「治療しますか。」 私はそういうと、あかねのおま○こに顔を近づけ、そこをなめた。
酸っぱい。それもそのはず。あかねはシャワーを浴びていない。あかねの小便も混じっているはずだ。
私は中指であかねのクリトリスを愛撫しながら、おま○こを激しくなめ続けた。
「あ~~~ん気持ちいい~~~あ~~~」 あかねは生まれて初めての快感に酔っている。
私のち○ぽは、ついさっき抜いたばかりにも関わらず、もうびんびんになっていた。
私はすぐにもち○ぽを埋めたい欲求を我慢し、 とりあえず指と口だけであかねをイカせることにした。
今度はクリトリスをペチャペチャとなめ、指をおま○こに這わした。
いつでもイクことのできるよう、とても激しく。
「あ~~気持ちいい~~あ゛~~」 そう言うや否や、あかねの体が硬直し、ピクッピクッと痙攣をした。
あかねはイッた。私は優しくあかねに訊ねた。
「どうだった?気持ちよかった?」 「…」
あかねは何も言わず、いや、言えず、首を縦に何度も振りつづけた。

「そっか。気持ちよかったか。よかったね。」 「…入れて…」 「え?」
「…Sくんの…入れて…」 「痛いかもよ。いいの?」 「…うん…」
予定通りだ。私は「それじゃ」と言い、いきりだったち○ぽをあかねの膣口にあてた。
「じゃ、いくよ。痛かったら言ってね。」 「うん」
私はゆっくりとあかねの膣の中にち○ぽを沈めていった。
「いたっ。いたい。」 「大丈夫か?」 「…大丈夫…」 私は再度挿入を開始した。
「いたーい。いたたたた。」 「すぐだからね。すぐ、気持ちよくなるから。」
私はそういうと、あかねの両足を持ち上げ、あかねの一番奥まで、ち○ぽを突き刺した。
あかねのおま○こは、とてもきつく、私のち○ぽをきゅぅっと閉めつけてきた。
刺しただけで、もうイキそうになるぐらい気持ちいい。
「じゃぁ、すぐにイクからね。」 そういうと、私はいかにも体育会系という腰使いで、
ピストン運動をはじめた。それも、超高速で。
あかねはイタイイタイと体をよじっていたが、それを押さえつけてがんがんと突きまくった。
「イク、イクよ。」 「うん、うん。」 私はイク寸前にあかねからち○ぽを抜き、あかねに顔射した。
2度目なので、色は薄いが、すごい勢いで射精した。
それからあかねの口にち○ぽを持っていき、「なめてきれいにしてくれる?」といって、口に含ませた。
あかねは眉毛や鼻、髪の毛まで精液まみれなのにも関わらず、 口で丁寧にち○ぽをきれいにしてくれた。
「どうだった?」 「痛かったけど…気持ちよかった。」 あかねは微笑んだ。
「そっか…。よかった。ところで、もうこんな時間だけど、親が心配してるんじゃない?」
「親は大丈夫だけど…カラオケを抜け出してきたから…理恵たちが待ってるかも。」
時計を見れば、もう夜中の2時をまわっている。
「うそ。やばいねぇ。」 「うん。」 あかねは頷きながらも、ニコニコしながら、服を着ていた。
気持ちはよく分かる。友情より愛情なのだ。
「じゃ、カラオケ屋に戻るね。」 「うん。でもその前にその顔、なんとかしろよ。」
私は笑いながら、あかねの顔についた精液をティッシュで拭き取ってやった。
だが、ここで私のいたずら心が顔を出した。
そう、髪の毛についた精液はこのままにしておこう、と、拭いてやらなかったのだ。
「じゃね、お仕事、頑張ってね。」 あかねは微笑みながらそういうと、社長室から出ていった。
その後、どうなったかというと、カラオケ屋に行ったら、まだみんな歌っていて、
やっぱり会社の女の子に髪の毛についた精子について突っ込まれたそうなんですが、
「はとの糞がついた」といってごまかしたそうな。 どう考えても「はとの糞」とは違うと思うんだけど。
そして、その後は週に2~3回のペースで、社長室でのお医者さんごっこに、はまってます。

この体験談がよかったらいいねしてね
0
«
»
この体験談を読んだアナタにおすすめ